菅原式日経225先物デイトレ塾の「欠陥」を辛口にレビューしてみた。対談特典 菅原弘二

菅原式日経225先物デイトレ塾の「欠陥」を辛口にレビューしてみた。対談特典 菅原弘二

こんにちは、Killerです。



えー、僕が信頼している日経225トレーダーである菅原弘二さんが、

自分の持つすべてのロジック、手法をさらけ出した「本格塾」を

つい先月に開校されたみたいです。



「あー、よくある投資系の塾ね、、」と思われるような

巷に溢れている適当なトレード塾とは裏腹に、

真剣にチャートと向き合い、取引一つ一つに確信が得られることを目的とした

誰にでも確実な投資収益があげられるものになっております。



もうちょっと早めにこのスクールを開講してほしかったと思わざるを得ない、

間違いのない中身&サポートになっておりますので、

投資を主体にネットビジネスに取り組みたい方には

今すぐにでも手に取って実践していただきたいと思います。



今回の菅原さんのトレード塾の名前ですが、

「菅原式日経225先物デイトレ塾」というもので、

デイトレを主体とした内容になっております。



まずは下記に商材情報やURLを載せておきますので、

別タブでページを見つつ、

ここからゆっくりと僕のレビューをお読みいただければと思います。



菅原式日経225先物デイトレ塾


【商材名】菅原式日経225先物デイトレ塾

【販売者】菅原弘二

【価格】128,000円

菅原式日経225先物デイトレ塾のレターページはこちら



なぜいまデイトレードが熱いのか?




菅原弘二さんは、前作として

FURAIBO225

や、アルケミーといった

中短期売買をメインとする日経225投資商材を出していましたが、

今回は同じ日経225先物取引であっても、

デイトレードを教えるスクールになっています。



同じ日経225先物投資ですので、

何に違いがあるのか迷われる方も多いと思いますが、

菅原式日経225先物デイトレ塾では、


自分の好きな時間に、すぐその場で大きな利益が得られる


本格的な投資法を学んでいくものです。



デイトレードというのは、1日の中で数回エントリー~決済をしていくもので、

スキャルピングだとさらに短いスパンで取引していき、

このスクールでは、デイトレとスキャルピングを徹底させ、

1日の中で数多くの投資益を獲得していくわけですね。



デイトレになってくると、全体的なエントリーポイントが増えていきますから、

その利益が得られる機会が多くなるにしたがって、

稼げる金額も大きくなってきます。




その他にも、取引ポジションを翌日に持ち越す必要がないため、

翌朝急に株価が暴落し、損失を被るみたいなことはなく、

取引時間外に起きる出来事の影響を受けずに済むのは魅力ですね。



そして何より、日経225先物取引のデイトレ手法が有効な一番の理由として、

2016年以降の日経平均株価のチャートと、

1日の中で取引していくデイトレードがマッチしているからです。




まずは下記の日経平均株価のチャートをご覧ください↓





2014年から2015年の終わりにかけて、

株価が1万5,000円~2万1,000円の間と値幅が大きくなっていますが、

2016年以降だと1万5,000円~1万7,000円の小さな値幅を

行ったり来たりになってますね。



要するに2015年までは長期保有や中短期売買によるやり方で利益は取れましたが、

2016年以降だと、値幅が小さくミドルレンジになっていることから、

エントリーしてからのトレンドが短くなっています。



逆に日足ローソク足は最近の相場だと長くなっているため、

1日の中の高値安値で利幅を獲得ができるのです。



ローソク足長さ


最近日足の一本一本が長くなっている要因として、

日経225先物投資を行う人が増え、その出来高自体が増えているのが挙げられます。



ローソク足というのはトレンドが形成された結果であり、

そのトレンドが詰まった1日のチャートの中で取引していけば、

勝てるチャンスが増えるということなんですね。




そのため、FURAIBO225などで行っていたスイングトレード(中長期による売買)

よりも、今回のスクールでのデイトレの方が

利益はグンと取れます。



指標やローソク足など原理的なチャートの見方はFURAIBOと同じですが、

その原理的な見方で、デイトレの攻略を研究したのが、

今回の菅原式日経225先物デイトレ塾です。



いわば、1日のチャートと向き合う塾で、

その日足の流れさえ掴んでしまえば、


自分の自由な時間で、好きな金額で、好きなだけ稼ぐことができるのです。



販売者の菅原さん自身も、「これから先は日経225先物はデイトレが一番」と言うほど

太鼓判を押すもので、

投資初心者さんや、時間がないサラリーマン、主婦の方でも

すんなりと、ある程度の収入を手にできるかと思います。



僕自身も数か月前は数日間での取引手法がメインでしたが、

デイトレに切り替えてから、トレンドに乗った順張りの取引や、

レンジ相場での逆張りでの取引も増え、

投資収益も月間で3倍ほどは跳ねることができました。




ちなみにこのデイトレに関しては慣れてないということもあり、

自己資金は少ししか入れませんでしたが、

それでも面白いほどまとまった収益をその日のうちに確保でき、

調子のいい時は、10日連続で勝ち続けた期間もあります。



日経225先物のデイトレをやってて思うのが、

ロジック通り、素直にチャートが動くところですね。



1日の中で値幅が相当動くので、

トレンドが発生する回数が多かったり、

レンジ相場(株価がある一定の範囲で上がったり下がったりを繰り返している)が

はっきり分かる場面が多いです。



取引ルールを覚えれば、上昇相場、下降相場、レンジ相場と

あらゆる局面から利益が取れることに加え、

自分のライフスタイルに合った好きな時間に完結できてしまう、


自分にとって最も都合の良い取引手法


と言えるのではないでしょうか?



逆に言ってしまうと、こうしたうま味が詰まった1日相場を堪能するために、


どう取引ルールを覚え、知らないことを潰していくか


を徹底したのが、菅原式日経225先物デイトレ塾になるわけです。



取引ルールというのは、具体的には移動平均線、一目均衡表、ボリンジャーバンド

といったインディケーター(指標)を活用しながら、

ローソク足を中心に、線どうしの交わりとか突き抜けを見て、

エントリー~決済、損切りを判断していくもので、


ここをリアルタイムの証券市場の中で瞬時に把握し、

タイミングを見計らっていかなければなりません。



ただ試験勉強での一夜漬けレベルのようなルール覚えでは、

実際の取引では通用するわけはなく、

真剣にチャートに向き合い、実戦向きの学習をすることが求められます。



そこら辺のテクニカル分析を示した投資教材や書籍などで黙々と勉強したとしても、

いざ1分1秒で動くチャートを目の当たりにすると、

どこか手が止まってしまったり、判断が遅れたり、

取引タイミングを見つけられなかったりするものです。



そういう意味で、菅原式日経225先物デイトレ塾は、


刻々と動く日経相場の中で、実践的な取引ルールをきちんと覚えられ、

自分の血となり肉となり昇華しながら正しいエントリー~決済を下せるか。



が商材としての評価の判断になってきます。



そういった面に着目しながらも、

新たな取引ロジックはないかどうか、

日経225先物のチャートに本当にそのロジックが通用しているかどうかも踏まえ、

ここからスクールの中身をレビューしていきたいと思います。



日経225先物投資の特徴について




その前に、日経225先物取引について、

あまりご存じでない方もいらっしゃいますので、

簡単に説明を入れておきます。



既に日経225先物投資について知っている方は、

ここの項目は読み飛ばしていただいて構いません。




簡単に申し上げますと、日経225は

日本の上場企業225社の株価の平均を指します。



ニュースとか見ていると、その言葉自体聞いたことはあると思いますが、

トヨタやソフトバンク、キヤノンといった日本を代表する企業の

225社の平均株価で、これが上がるか下がるかを予想し、

投資していく流れになります。



日経平均株価チャート


日経平均株価の上下の波は、

ある程度は、為替(円安、円高)や、

外国株、日本の経済指標の発表などによって影響され、

比較的予想がつきやすく、法則性も一貫しているのが特徴的ですね。



株式やFXなどと違って、この取引銘柄自体、

“ストレスが少ない”

という点でけっこうミソだったりします。



先ほども申し上げましたが、

トレード初心者さんにとって、できるだけシンプルに取引していくのは重要で、

株やFXとは違って、


・銘柄選びをしなくてよい。



という部分が、日経225先物取引の特徴としてあります。



FX株式銘柄



実際に僕も株式やFXを実際にトレードして

毎回思うことですが、どの通貨、どの銘柄を軸にして、

どうポートフォリオを組んで取引していけばいいか

頭を悩ませます。



だからこそ、東証一部上場225社の株式平均である

先物取引のみを追いかければ、

他に目移りすることはありませんし、

取引対象がこの一つだからこそ

チャートに集中でき、上達もしやすい面もあるんですね。



そしてFXや株式と比べ、一番大きいところは、


値動きの単位が、5円、10円といったレベルで、

チャートの動きが激しくないという点にあります。



日経225値動き


チャートの値動きが緩やかということは、

ポジションを誤ったり、逆行したとしても

損失を少なく抑えることに繋がり、

資金管理が十分に行えることを意味します。




特に投資初心者さんというのは、

いかにマニュアルで学習したり、仮想トレードを重ねても、

タイミングを誤るというのはよくあることですし、

資金面も限られていることから

日経225のチャートの緩さに救われることがあるんですね。



FX、株式と、色々な取引銘柄がある中で、

特に自信のあるものとか、拘りというのがなく、

淡々とリスクを最小限に抑え利益を取っていきたいなら、

日経225を選択されることは最善策だと思いますし、

FXのようなスリルはない分、

抜群の安定感は誇れますね。



菅原式日経225先物投資のロジックとその中身について




このスクールを購入すると、

下記のような会員サイトにログインし、

そこからマニュアルや動画を閲覧して、

投資法を学んでいく形になります。



菅原式日経225先物デイトレ塾会員サイト



塾のカリキュラムとしては、

このような流れになっており、

それぞれ解説していきます。



【Chapter1 概要編】

・塾の進め方 全体像と概要解説
・デイトレーダーとしての準備
・日経225先物基礎知識
・証券会社口座開設方法
・チャート回覧方法
・チャートの表示と環境設定




ここの部分に関しては、証券口座の開設やチャートの設定、

パラメーター設定など、日経225先物のデイトレ環境を整える章になります。



過去の菅原さんの日経225先物投資教材と比べて、

被るところはありますが、

デイトレに特化したチャート設定になっていますね。



菅原さんと全く同じトレード環境に設定することができますので、

動画マニュアルをしっかり見て、そっくりそのままその指定内容に従って、

パラメーターの数値を入力したり、ボタンをクリックしてください。



このセクションの主体としては、


何のストレスなく、デイトレードがスムーズに運べるようになること。


であり、まずはこの設定を完了させてから、

各自取引手法を学んだり、デモトレードで練習しつつ、

事前準備を完璧にしていただきたいと思います。




【Chapter2 マインド編】

・マインド編について
・負けた損失を差し替えした考え
・負け → 負けづらい → 勝ち → 勝つのが当たり前
・結果には個人差
・常に平常心を目指せ
・最終的にはマイルール化




単にリスク管理とか、失敗を受け入れる精神論を説いただけでなく、

現時点でトレードレベルやメンタルが低い状況の中で、

どうトレードスキルをステップアップさせ、どういうルールを徹底すればいいか

「無理のない現実的な投資マインド」を解説しています。




現実的であると同時に、戦略的なマインド編とも言え、

どんなに臆病で資金ショートを恐れている方であっても、

潜在意識のレベルでそれを納得し、

常に平常心で、トレードを勝ち続けていける考え方が習得できます。



一つ例を出すならば、

トレードに勝利するということを意識してはなりません。



トレード初心者さんは、よく「ビギナーズラック」という言葉の通り、

たまたま資金を賭け、うまいこと意図する方向に相場が動いて利益確定ができた

という現象が起きますが、

ただトレードに勝利した、という事実を喜んでいてはダメです。



トレードに勝利するという目標を達成してしまったがために、

それ以上進むことができず、「何が要因で利益が取れたのか」

逆に負けたときは「なぜ今回は負けたのか」その根本的な要素を追及せず、

ここから先は「まぐれで勝てる投資」を目指すことになってしまうのです。



大事なことは、トレードに負けないこと、そして勝ち続けることであり、

利益を長期的に出し続けていく視点や戦略は、

ノウハウやテクニックよりも一番重要です。



【Chapter3 資金管理編】

・資金管理編について
・余力の考え方
・社長の10万円と平社員の10万円
・ライフの回復
・リスクシミュレーション
・マインドと資金管理の連動性
・PDCAサイクルの重要性




エントリーポイント、決済ポイントを判断する以外にも、

それぞれのポジションで、いくら資金を投入するか、

といった「資金管理力」もトレードで重要なスキルです。



例えば、100万円という資金を用意しているならば、

その中で10万円賭けることと、50万円を賭けることでは大きく意味が異なり、

全体的な資金のうち、どこに何パーセントを投入すればいいかや、

資金が目減りしたときの対処法、

逆に資金が安定的に増えていったとき、いくら増資し、いくら内部留保すればいいか

ファイナンシャル的目線で解説しています。



資金管理さえしっかりしていれば、低い勝率であっても

資金を増やしていくことは十分可能で、

幅広い資金管理のテクニックに目から鱗状態になることと思います。




たいていの人は、テクニカル分析とかファイナンス分析、

指標判断といった取引そのものに集中しがちですが、

それだけでは勝てない、もしくは資金管理さえ徹底していれば、

勝負に負けても結果として勝てることがお分かりいただけると思います。



【Chapter4 トレード基本編】

・トレード基本編について
・インディケータの基本的な見方
・菅原が意識しているろうそく足の見方
・テクニカルの機能判断と移動平均線について
・菅原独自のボリンジャーバンドの設定と視点
・一目均衡表をどう見るか
・日経225のある癖から株価が次にどのように 値動くかを予測する方法とは?
・日経225先物からなる菅原独自の 支持線、抵抗線の考えとは?
・1日で投入資金0.5%~3%の利食いを 目指すためのシナリオとは?




日経225先物のデイトレを攻略するときには、

主に参照する指標は、

移動平均線、ボリンジャーバンド、一目均衡表の3つになります。



移動平均線とは、一定期間の終値の平均値をつなぎ合わせて

線にしたもののことをいいます。



移動平均線は、テクニカル分析でもよく使われる指標で、

チャートの流れを判断するのに最適な線です。



もっと分かりやすく言うと、移動平均線によって、

直近○日間の平均を今の株価は上にあるのか、下にあるのかを確認でき、

それによって上昇トレンドか下降トレンドかが分かります。



まあ、基本的には傾きが上方向で、

株価が移動平均線の上にあるときは買いシグナルで、


移動平均線買いシグナル


逆に株価より下にあるときは、下降トレンドで、

売りどきになります。


移動平均線売りシグナル


移動平均線には、おおよそ

5日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均線、

13週移動平均線、26週移動平均線

といった6つの期間ごとの線に分けられ、

これら短期の移動平均線、長期の移動平均線を使い分け、

今後の株価の予想をたてます。



下記の移動平均線と株価の位置関係から生じる「グランビルの法則」みたく、

売買ポイントをルール化させることもできますし、


移動平均線売買ポイント


移動平均線どうしのクロス、突き抜け等によっても、

トレンド発生を読み解くこともできます。



他にも、ボリンジャーバンドは、下記のようなもので、



ボリンジャーバンド


標準偏差を用いて、株価の乖離具合を確かめます。



大体の株式はボリンジャーバンド内に収束し、

それの外側にあれば、

買われすぎ、売られすぎが分かるわけです。



そして、これらのボリンジャーバンドの間に株価が推移する統計学的な確率が

次のようになります。


±1σ 68.27%
±2σ 95.45%
±3σ 99.73%



大体は株価が上抜けしたり、下抜けした後、

ボリンジャーバンド内の適正価格に戻ろうとする動きが働きます。



ボリンジャーバンドを活用できれば、売買タイミングを見極める精度がグンと上がり、

投資テクニックも数倍レベルアップします。



それともう一つ、一目均衡表という指標があり、

株価の値動きを値幅、波動、時間の3つの軸からとらえるための株価チャートになります。



一目均衡表


上のチャートのようにローソク足に対して

「基準線、転換線、先行スパン1、先行スパン2、遅行スパン」の5つの線と

1つの雲で構成されており、

株価の均衡状態を捉えるチャートになっています。



現在だけでなく、過去や未来の時間軸を考慮に入れた

相場判断ができるので、

トレンド転換やレンジ相場の把握を正確にできてしまいます。




他にも抵抗線や指示線といった、株価がどこまで上がるか、

もしくはどこまで下がるかを予想する線についての解説もされており、

この線を突破するか、反発するかによって、

強力な買いシグナル、売りシグナルを見極めることができます。



この章では、こういったインディケーターや線の解説を中心に、

基本的なサインの判断方法、売り買い・決済のタイミング、

株価の予想の立て方を学んでいきます。



ただ用語を羅列しただけでなく、

実際の日経先物取引のチャートを例に出しながら、

菅原さんがパソコン画面上の動画で丁寧に教えていますので、

理解のスピードも早くなるわけです。



インディケーターや線を使って売買、決済を見極めるときに、

その中心に捉えて考えるのはローソク足であり、

ローソク足の実体やヒゲが突き抜けているか、反発しているか、

もしくは止まっているか等で

相場を判断することができます。







日経225先物のローソク足の傾向というものがあり、

この傾向を知るだけで、無駄な損失を抑えたり、

利益を引き上げることもできますので、

ここはしっかり学んだほうが良いでしょう。



これによって、裁量判断も分かりやすくなります。



【Chapter5 投資法編】

・サンダーバードロジックについて
・サンダーバードエントリールール(買い)
・サンダーバードエントリールール(売り)
・サンダーバード利益確定(買いの場合)
・サンダーバード利益確定(売りの場合)
・サンダーバードロジック ファクター解説




さて、サンダーバードという、いかにもカッコいい名前ですが、

「トレンドフォロー」という基本的なトレードロジックになります。



トレンドフォローとは、順張りとも呼ばれ、

これから株価が上昇することが予想される時は買い注文を、

下降するであろうなら、売り注文を入れ、そこから決済していく

よく使っていく手法です。




例えば下記の図のように、下落局面から反転し、

上昇を始めてから買い注文を入れ、

株価が十分上がった後、下がり始めのところで売る流れになります。



順張り


下降トレンドの場合は、その逆になります。



日経225先物取引では、2015年までは1日ごとのローソク足が短く、

長いスパンで大きな株価の変動があったため、FURAIBO225の手法のような

中長期売買は有効でしたが、


最近だと、日足ローソク足が長く、1日の中で何度もトレンドが発生しますので、

サンダーバードのロジックをマスターすれば、

何度もトレンドフォローの旨みを味わうことができるわけです。




買いエントリー、売りエントリー、利益確定のタイミングは、

それぞれの指標や、始値・終値で判断し、

それをルール決めしていきますので、

安定した成績を収めやすいと言えるでしょう。



【Chapter6 投資法発展編】

◇時間軸

・時間軸特有の戦略・戦術(動画)
・各時間帯の傾向(動画)
・時間軸戦略事例(音声)

◇裁量判断

・損小利大に紐づく裁量判断の考え(音声)
・裁量判断を最効率化させるチャート設定(動画)
・サンダーバードロジック+裁量判断(動画)
・裁量判断事例(動画)

◇追撃

・追撃について(文章)
・日経225先物特有の癖を利用した追撃方法とは?(動画)
・裁量判断+追撃(動画)
・追撃を狙う絶好の条件事例(動画)




デイトレとは、1日中パソコンの前に張り付いて取引することではなく、

自分が都合の良い1日の時間帯に、集中してトレードすることも指します。



本業後の夜の時間帯に取引する人もいれば、

午前中にトレードする人まで様々で、


・時間帯別でチャートの流れを攻略する。

・自分の得意な時間帯を見つける



というのが何より大切です。



過去のデータを集めてみると、

やっぱり時間帯ごとのチャートのアルゴリズムは存在しますし、

それによってエントリーの仕掛け方とか、

テクニカルでの分析方法は少し違ってきます。



また、前のセクションではトレードのロジックを学んできましたが、

ここではロジックの応用編にあたり、

ロジックの穴を埋めていく裁量判断についても学習します。



どんなロジックでも穴というものはあり、

状況判断、環境判断、裁量判断によって

勝てる場面とか、手を出してはいけない場面まで

幅広く知ることができますので、

当然勝率や利益額は大きくなります。




ここで学んでいくのは、時間軸、裁量判断、追撃です。


時間軸では時間に基づいた戦略と戦術について

時間帯の傾向を当てはめていき、

自分たちのライフスタイルから主戦場となる時間帯を

決めていく。



裁量判断では、その時の状況判断から

売買するべきポイント、してはいけないポイントを

見極める判断力を養う。



追撃では主戦場の時間帯、的確な裁量判断に基づいて

絶好の追撃ポイントを自分独自で導き出していく。



いわばこれらの要素により、「状況判断」がさらに的確になり、

利益のポテンシャルを大きく伸ばしていくことができるわけですね。



【Chapter7 投資法応用編】

・スキャルピングロジック SYNCHROについて
・SYNCHROエントリールール(買い)
・SYNCHROエントリールール(売り)
・SYNCHRO利益確定(買いの場合)
・SYNCHRO利益確定(売りの場合)
・SYNCHRO+裁量判断
・SYNCHRO+追撃




これまでで、トレンドフォローの投資法をマスターした後は、

ここで逆張りの投資法について学んでいきます。



逆張りでは、トレンドを見つけ、

それに即して売買エントリーを仕掛けていく順張りとは違い、

株価の流れに逆らって売買することを指します。



つまり、株価が下がって、「そろそろ底値が近そうだ」と思ったら買う。

そして株価が上がって「そろそろ天井が近そうだ」と思ったら売る、という売買手法です。




逆張り


トレンド発生が見られなかったとしても、

底値と天井を一定の期間にわたって行ったり来たりを繰り返す

レンジ相場において有効で、


トレンド局面、レンジ相場とあらゆる場面、あらゆる時間帯においても利益を確定することができる。



というのが、菅原式日経225先物デイトレ塾の大きな強みですね。



【Chapter8 ケーススタディー編】

・ケーススタディについて
・日中
・ナイトセッション




ケーススタディー編では、自分が最近行ったトレードが

正しかったかどうかを判断するためのもので、

週に一度、菅原さんがどういうチャートの見方をし、

どのインディケーターを参考にしながら、どのようなポイントでトレードしたか

メンバーサイトにアップしていきます。



これにより自分が勝てた原因、負けた原因を探ることもできますし、

「ああ、ここのポイントが欠けていたな」とか

「こうすればもっと利益が取れたなー」といった発見を得られることもあります。



たいていのトレーダーは、勝った、負けたという事実しか見なかったり、

自分の中でその原因を解決しがちで、分かってないことすら分かっていない

という状況が多いですが、

これにより一気に解消することができます。



トレードの復習を徹底し、単なる利益だけでなく、

トレードのスキルといった目に見えない成果まで

極限に高めていただければと思います。



【特典】

・180日間回数無制限のメールサポート
・時間帯別傾向データ
・エントリー返済チェックシートサンダーバード版
・エントリー返済チェックシートSYNCHRO版
・メンバー限定Lineグループ
・リスク回避エントリー法




菅原さんの塾の一番の強みは、

穴のない、徹底されたマンツーマンのサポート体制です。



ライングループにより、実践者どうしでトレードを学び合ったり、

メールサポートで、個別で分からない点、自分の分析方法があっているかどうかの採点など

吸収もその分早くなります。



実際に菅原さんにメールをしても、すぐに返事が返ってきますし、

その内容も的を得ていて、近くに先生がいるような気分でしょう。



正直なところ、その辺の中身もロジックも分からない投資系高額塾に参加されるよりも、

こちらのスクールの方が価格的にも良心的ですし、

コンテンツ面、サポート面は明らかな差があります。




自分に合うかなー、合わないかなーではなく、

ここに万全のロジックと生きたノウハウ、サポートが詰まっているのですから、

いかにそれらを吸収するか、どう自分の血肉とするかに思考を切り替えた方が

自分の利益に直結すると思います。



サイン判断やリスク回避のロジックがまとめられたシートも、

復習や参考材料に最適ですし、何かしら使えます。



さて、ここまでで菅原式日経225先物デイトレ塾の中身を見ていきましたが、

これ以上深くロジックや中身を解説すると、ネタバレの可能性になりますので

この辺にしておきますが、

多くの方が気になるところとしては、

どれくらい稼げるものなのか、

再現性はどれだけ高いか、という所でしょう。




いかに素晴らしいコンテンツやサポートがあっても、

全く成果をあげられている人がいなければ意味はありませんし、

全てのロジックを吸収しなくても、早めの段階から収益化できれば

モチベーションの維持もしやすく、結果的にレベルアップもできます。



ここからは実践者視点で見ていきたいと思います。



なぜこれほどまでに菅原さんの教え子は稼いでいるのか?




菅原式日経225先物デイトレ塾では、

利益が上げられるスピードが早かったり、

利益が出るポイントが多いのが特徴です。



基本的なトレンドフォローから、レンジ相場、

時間帯別の攻略法など、利益の取り方が幅広いのに相まって、

自分の得意な局面、覚えたてのロジックを活用するだけでも

すんなりと利益が取れてしまいます。




デイトレードにはその分のチャンスと可能性が多いに詰まっており、

今年に入って実践した人は、

大きな利益が取れている人が多いみたいです。



販売者だけが稼いでいる難しい、誰にも真似できないノウハウではなく、

ルールやロジックが明確で、最新の相場環境に適している手法だからこそ、

下記のような実践者報告が挙げられています。



CASE1.出雲さん

開始から5か月で700万が1600万円








たった半年近くで1000万円ほどの利益が出ているのは

驚異としか言いようがありませんが、

これもエントリーポイント、決済ポイントが明確なので、

こうした自信を持ったトレードができているみたいです。



清雲さんからのコメント


私は去年の1月から投資を開始して、儲かる時もあったし、儲からない時もありました。

しかし、菅原さんの指導を受け始めてから、スタート資金700万円で約1600万円になりました。

確実に資金が増えています。

月に平均すると100万円程度は稼いでいます。

私は性格的に強気の性格ではなく、どちらかというと臆病ですが、現在30枚以上の枚数を突っ込んで、トレードできるのはしっかりと菅原さんの言う事を聞いて勉強したからです。

菅原さんの投資法のロジック通りにトレードを行って、結果がついてきているので、ルールを守って投資を行えば、みなさん結果はついてくるかと思います。




CASE2.吉田さん

約4か月で資金が5倍







FXなどに比べ、チャートが緩やかなので良い結果に繋がったのと、

比較的高勝率のロジックに集中して取引をしていたので、

2か月で20万円が100万円に膨れ上がったみたいです。



日経225先物では、ミニ株で取引していくので、

小資金からでも多くの利益を出すことが可能です。



吉田さんからのコメント


私は菅原さんの投資法を実践し、20万円からスタートして100万円になりました。

スタートの資金が少なかったので、菅原さんにご指導頂いた投資法の勝率が一番高いロジックでトレードをし続けた結果、良い結果を生み出す事が出来ました。

これまではFXを経験しましたが、値動きが激しいFXのスピードについていけず、良い結果を得る事が出来ませんでした。

しかし、日経225先物はFXに比べると値動きが緩やかな点と、ご指導頂いたトレード手法はトレンドフォロー型のスイングトレードだったので、私には合っていたのだと思います。

菅原さんの投資法は優秀な投資法なので、私の友達にも勧めています。

次の目標は200万円を突破して、複利で増やしていきたいです。

そして、いずれ私も1億円を目標にやっていきたいと思います。




CASE3 山田さん

利益確定の連発、8か月で資金が2.5倍







こちらの方も会社員で時間が限られている中で、

小資金から実践し、資金を多く増やすことに成功しています。



多くの時間をトレードに費やす必要はなく、

シンプルなルールを守り、決められたタイミングで取引するだけで

これだけの利益を誰でも出せることをよく証明していますね。



CASE4 のんちゃんさん

2回のトレードで51万円の利益確定








菅原式の日経225先物のサインの精度が確かなもので、

サインを掴めばすぐに利益が出るみたいです。



まさにタイミングを見計らい、そこに合わせてマウスをクリックするだけで

稼げてしまいますので、

アクションゲーム感覚でお金が得られるわけです。



のんちゃんさんからのコメント


はじめのトレードで17万円の利益が出て、その後またサインが出たので、エントリーしたところ何と2回のトレードで51万8866円の利確をする事が出来ました。

凄いなというのが正直なところです。

それまではFXのボリンジャーバンドを使って、自己流のノウハウでトレードをしていましたが、いろいろな不安もありましたし、利益金額もさほど多くありませんでした。

他の日経225先物のサインツールも使いましたが、全く結果が出ず、大きな損をしてしまいました。

だから、この結果に驚きです。

そして、今回の結果はツールで出たサインと、エントリーしても良いか否かを判断する早見表を見ただけですので、それにも驚いています。

また、菅原さんの投資法はすぐに勉強できて、すぐに結果が出るのが私には合っていると思います。




以上のように、トレード未経験者や時間がない方でも

こうして菅原さんと同じように成果を上げられているのも、

その投資法がある一定の期間検証して、バックテストを行い、

その有効性を確かめているからに他ありません。




良いところはそのまま残し、悪いところ、通用しなくなった箇所は

ブラッシュアップして、現在進行形で利益を上げ続けられるよう

様々な工夫が施されています。



上記の実践者の動画以外にも、レター内には

報酬画像が多く載せられており、

稼げるかどうかは、それらの「結果」が証明していますね。



塾のカリキュラムの第四章や第5章を少しかじっておくだけでも、

すぐ実践に移り、利益の取れるサインが分かるようになりますし、

学習があまり進んでいない時期であっても、

十分な利益を確保することができるのも魅力です。




ミニ株をメインに取引していくので、

初めに持つ資金は数万円~10万円ほどで十分ですし、

あなたも同じようにその資金を数倍以上増やすことができるでしょう。



菅原式日経225先物デイトレ塾の総評




さて、大体中身や実績等について、伝える箇所については伝えたつもりですが、

トレード手法は、日経225先物取引をデイトレ、スキャルピングの2つによって、

エントリーチャンスを増やしていきながら、

トレンド相場、レンジ相場とあらゆる相場にも対応することができます。



巷にあるような、順張りか逆張りのどちらかにしかできないロジックとか、

なかなかエントリーのタイミングが掴みにくい、

サインが出にくいシステムトレード教材ではなく、


最新の日経チャートに対応した、あらゆる状況から利益確定が取れる、極めて現実的で万能なトレード


ができる塾だと思います。



実際に塾のカリキュラム通りのルールに基づいて取引しても

利益が出るのは確かですし、

投資に興味があるなら、これをやらない理由はどこにもない

というのが本音です。



これまでアフィリエイトで時間がかかりすぎて、なかなか芽が出なかったり、

せどりや転売みたく、リサーチから発送までの手間がめんどくさいという方は

この機会に、この塾でトレードを実践してみてはいかがでしょうか?




僕の教え子でも、アフィリエイトが本当に苦手で、

伸び悩んでいる人がいましたが、

思い切って菅原さんのトレード塾を勧めたところ、

今では月収100万円を安定しているようです。



これは一例にすぎず、投資に挑戦したらすんなりと成果が出たという声が多いので、

あなたもこの投資分野を、ネットビジネスとして

本格的に取り組んだら面白いと思います。


菅原式日経225先物デイトレ塾を特典付きで購入する



注目のオリジナル特典について




さて、お待ちかねの菅原式日経225先物デイトレ塾の購入者限定特典のお話しですが、

今回もかなり気合を入れてコンテンツ一式を作らせていただきました。



まあ、ロジック的なものは、菅原さんが塾内で大体は公開していますので、

目から鱗の発見とかはそちらでしていただくとして、

この特典では、デイトレードの穴をどう埋めていくか、

またどういう局面で積極的にエントリーし、

どのような状況で手を引くか、使える形にこだわり、

より実践的な目線で中身を構成しております。




デイトレードは、日経225先物取引に当てはめるなら、

1日のローソク足が長く、その中でトレンドが多く詰め込まれているため、

利益が取れる機会が多いのが魅力ですが、

その反面、1回の取引ごとの手数料もかかるわけですから、

1回あたりの利益をどう引き延ばすか、

そして、仮にトレンドやサインが出たとしても、利益はあまり出ないところは

どう回避するかが勝負の分かれ目です。




今回の特典では、デイトレならではの落とし穴や

よくありがちな事例を例にとって、

チャートやローソク足、インディケーターの流れをもう一度整理し、

どう日経225先物取引をリスクなく、

現実的に利益を積み重ねていくかに焦点をあてています。



何も塾内のカリキュラム全てを消化しなければいけないわけでなく、

大事なポイント、利益を出すための最低限のロジックは限られており、

そこから肉付けするような形で、細かい順張り、逆張りの手法を覚えればいいだけです。



なんと今回は、そんな日経225先物投資のデイトレについての

実践的なノウハウをはじめとし、

あるある話や裏話等も併せながら、

菅原さんとの対談音声を撮らせていただきました。



収録場所は札幌の事務所で、

ユーザー目線で、どう日経先物投資を進めていけばいいか、

使えるポイントもそれぞれ散りばめながら、

僕と菅原さんの共同で特別対談音声特典として残しています。



生の声で語られる、生きた投資ノウハウを、

慎重に聞きながら、スマホ内にその音声を入れ、

空き時間で何度も聞いておきたい

かなり貴重なコンテンツだと言えるでしょう。



【Killer×菅原特別対談特典~現実的に日経225先物投資を攻略するための本音トーク】







・色々なインディケーターが存在する中で移動平均線さえ見ておけばOK?
 学習を始めたその日から利益確定が狙えるエッセンシャル投資法


・たいていの人は損切りやリスク回避を知らない?
 状況、場面に応じた、損失をマイナス1%以内にとどめる究極のリスクヘッジ


・投資初心者はまず○○を参照せよ!
 一番最初にやるべき事項と投資を進める上での心構えについて


・頭では分かっていても、必ずここでつまづく!
 実践トレードで陥りがちな3つのポイントと2つの罠とは?


・午前中ならここのピークタイムを、夜ならこの時間帯を狙え!
 絶対にトレードしておきたい、とある美味しいスポットとその攻略法


・日経225先物投資はテクニカル分析が全てじゃない。
 経済指標、発表を読み解いた日経平均株価の予想の立て方~基礎編


・経済指標、発表を読み解いた日経平均株価の予想の立て方~実践編


・利益を追撃するのはどういう場面で、
 勝負を避けるのはどういう状況が揃ったときか。(必見)
 ~投資実践者にしか分からない必ず意識するべき利益最大化のポイント




さらには、


・【シークレット特典】チャート分析力アップ企画!
 菅原さんによるチャート解析添削について


・【特別】弊社専属トレーダー監修!
個別ごとに合わせた徹底メールサポート&コンサルティング(現在無期限&無料)




この対談音声特典は、菅原さんと僕が共同で作り上げた特別コンテンツでありながら、

既得権益に関わるほどの、本音や裏技話など、

秘匿性の高いノウハウまで喋ってしまっているので、

先着15名様まで人数制限をかけようと思います。



音声を収録した後、菅原さんに「いやー、ほんといい音声出来上がりましたねー」

と言われるほど完成度120%まで仕上がり、

満足度、再現性ともに高いものであることは間違いなしです。



なお、こちらの特別音声特典につきましては、

反響が大きかったり、都合が悪くなったりすれば、

枠があっても急に締め切らせていただく場合がございますので、

お求めの方はお早めにお願いします。



菅原式日経225先物デイトレ塾を特典付きで購入する




色々なインディケーターが存在する中で移動平均線さえ見ておけばOK?学習を始めたその日から利益確定が狙えるエッセンシャル投資法



「インディケーター」とは、相場の値動きから将来の値動きを予測する

テクニカル分析に用いるテクニカル指標や経済指標のことです。



主に「トレンド系」「オシレーター系」の2つのグループに大別することができますが、

塾内では、トレンド系の移動平均線、ボリンジャーバンドと、

オシレーター系の一目均衡表を用いますが、

インディケーターはそれ以外にも50種類以上あります。



色々と見るべき指標があると、

どこから覚えていけばいいか分からなくなったり、

この線とこの線がどうクロスし、どう反発すれば売買エントリーをすればいいかなど

ごちゃ混ぜになる可能性もありますので、

今一度整理する必要がありますね。



そういった意味で、サイン早見表を用いるのも有効ですが、

見るべきインディケーターをさらに絞りこみ、

一刀流で太刀打ちできる状態にしておくことが良いのではないでしょうか?



ここでは、インディケーターで一番チャートの流れを分析できる

移動平均線のみに着目し、

その使い方について縦横無尽に語りつくしています。



たいていの人は損切りやリスク回避を知らない?
状況、場面に応じた、損失をマイナス1%以内にとどめる究極のリスクヘッジ




ロジックというのは万能な物差しではなく、

時には予想外に地合いが逆行したり、

トレンドが出たかと思いきや、急にレンジに戻ったりと

突発的なリスクも時には訪れるものです。



利益を大きく引き上げるはずのレバレッジが逆に働くこともあり、

その大きな損失をどう最小限に食い止め、

メンタルを保ちつつ、次の投資に繋げていくかが

損切りにおける最大の役割になります。



資金率という考えがあり、限られた資金の中で、

ショートしたお金の割合をどこまで抑え、

どうライフを回復させるかが重要ですね。



どんな状況下で負けたとしても、

損失は全体の1%以内にとどめることを目標とし、

そのためには、○○と○○という要素を捉えれば

たいてい上手くいきます。



意外と知られていない、リスクヘッジ方法を

ここで暴露することにしました。



投資初心者はまず○○を参照せよ!
一番最初にやるべき事項と投資を進める上での心構えについて




勝てるトレーダー、負けるトレーダー

それ以外にも、勝てないトレーダーと負けないトレーダーの

4つに分けることができますが、

ほとんどの方が、「負けるトレーダー」に属します。



まずは負ける状況から、負けない状況を作り上げること。

そこから勝てる要素を徐々に身につけ、最終的には常勝トレーダーになること。

こうしたステップを踏まえたやり方が、最短最速かつ最善だと言えます。



いきなり無視して勝とうとするから損が出るのであって、

自分のステップに即して、心構えやポイントを踏まえていけば、

資金が目減りすることなく、段々と増やしていくことができるんですね。



完全に知識0、経験0というのを頭に入れた上で、

どう無理なく日経225先物を進めていくか

「今取るべき投資スタンス」について徹底解説しております。



頭では分かっていても、必ずここでつまづく!
実践トレードで陥りがちな3つのポイントと2つの罠とは?




相場にはダマシがあり、

それは今から上昇すると思っていた相場が下降したり、

下降すると思っていた相場が上昇したりと、

自分の選択した方向とは逆の方向へ動くことです。



たいていの初心者さんは、ダマシに惑わされ、

大切なロジックを見落としてしまいます。



また、明確なサインが出ているのに、それをサインと気づかず

そのまま見過ごすこともありますので、

それらの相場やダマシの対処法について

念入りに語っておきました。



午前中ならここのピークタイムを、夜ならこの時間帯を狙え!
絶対にトレードしておきたい、とある美味しいスポットとその攻略法




僕はトレードをするときは、日中や夕方にせず、

午前中のある時間帯と、ナイトセッションのある時間帯のみを

集中してトレードしています。



理由は2つあり、1つは相場の変動が大きく、

その分トレンド発生が増えたり、利益の機会が多いから。



もう一つは、その時間帯の相場の傾向性はかなり限定されており、

ルール通りにエントリー~決済すれば

90%以上勝つことができるからです。



ここではそんな美味しい戦場とその攻略法について

詳しく語らせていただきました。



日経225先物投資はテクニカル分析が全てじゃない。
経済指標、発表を読み解いた日経平均株価の予想の立て方~基礎編



経済指標、発表を読み解いた日経平均株価の予想の立て方~実践編



菅原式日経225先物デイトレ塾では、

指標を用いたテクニカル分析によって、エントリーや決済を判断するもの。



でも実際に日経225先物をやってみると、

経済指標を読み解いたり、各国の首脳陣の発言、

決議内容を参照することによって、

今後の日経平均株価の行方がいとも簡単に分かり、

その視点から利益確定が狙えることもあります。



「新たな武器」として経済情勢、政治の要素を加え、

より精度の高い分析法をマスターしてください。



利益を追撃するのはどういう場面で、
勝負を避けるのはどういう状況が揃ったときか。(必見)
~投資実践者にしか分からない必ず意識するべき利益最大化のポイント




利益最大化に必要なのは、

勝てると分かる場面で、どうその勝ち幅を引き延ばし、

どう無駄な相場局面を省くかになります。



値上がりをただ待ち、天井圏にビクビクしてすぐ決済するより、

ギリギリまで引き付けて決済したほうが利益額は大きいですし、

負けると分かる場面のみならず、分からない場面も手を引くべきです。



どのタイミングで勝負を避けるか、

どういう場面でポジションを持ちこし、

負けを負けのままにせずにいるか、

その具体策をここで提示させていただきます。



【シークレット特典】チャート分析力アップ企画!
菅原さんによるチャート解析添削について




実際にチャート解析を進めていくと、

本当にこの仕方で良いかどうか解らないこともあると思います。



そのため、あなたがチャート解析したものを菅原さんに提出し、

菅原さんが添削することで、あなたの見てる視点で今後の解析の仕方を

お伝えしていくことを行います。



チャートの画像等をキャプチャし、

それに書き込みを加えた画像を菅原さんに提出して、

添削が加えられるのを待ってください。



【特別】弊社専属トレーダー監修!
個別ごとに合わせた徹底メールサポート&コンサルティング(現在無期限&無料)




現在、僕はこれまで築き上げた資産の一部を

ある日系先物トレーダーの方に運用してもらっています。



その方も菅原さんのロジックを継承して、安定した勝率と高い年利を維持している

信用のおける方になります。



この度、弊社のトレーダーにも「FURAIBO実践者サポートチーム」として

手伝っていただく運びとなりました。



もちろん僕からも徹底したサポートはさせていただきますが、

超専門的な質問や最新の投資事情などは

彼からも聞くことができますので、

安心してついてきてください。



「できる人から学ぶ」というのはビジネスにおいての基本であり、

そのできるトレーダーを完備した環境がここにありますので、

十二分に使いこなしてくださいね。



以上が特別対談特典の内容になっております。



購入される際は、「Killerオリジナル特典」が決済画面に出ているのを確認してから

決済を進めてください。


菅原式日経225先物デイトレ塾を特典付きで購入する



投資に関して、最も信頼のおける人が、

確かなロジックと最新の事情に即して塾形式でこの度指導をしていますので、

僕からも背中を押せる逸品になっております。



1日でも早く、あなたが投資でまともな収益を手にできることを

心より願っております。


長くなりましたが、では今日はこの辺で!

質問はこちらをクリック



■コンテンツ一覧

・ネットビジネスで稼ぐための基本・ノウハウ

・ただアフィリ広告貼ったり紹介して稼げる時代は終わってるんですよw

・商品ジャンル選定をミスれば稼げなくなります。

・まずは媒体構築から始めること

・検索エンジンによる集客テクニック

・文章は改行とリサーチを徹底するだけで大分良くなります。

・ユーザーにリアクションを起こさせる、訴求性の高め方

・アフィリエイト、投資、転売のどれから手を付ければいいの?

・アクセスが多いからって稼げるとは限らない。やってみて分かること。

・情報商材アフィリって稼ぎやすい?でも胡散臭い?

・野心が高い人ほど情報商材アフィリを(・。・

・稼ぐことより稼ぎ続ける方が重要です。「仕組み化」できてますか?

・ネットビジネス業界の黒い事情


本気で学んで稼ぐなら↓

・お勧めの商材一覧

・Killerオリジナルアフィリエイト指導


次世代ネットビジネス「アプリビジネス」講座

・スマホアプリ市場の圧倒的可能性と稼ぎやすさ【オススメ】

・アプリ作成の様子と作業難易度について

・圧倒的な量をこなすことこそが、アプリビジネス成功の近道

・アプリビジネス商材「アプリ塾」実践者である主婦の事例とビジネスの“動かし方”について【NEW】


アダルトアフィリエイト講座

・アダルトアフィリエイトの特徴とは?【オススメ】


全くの初心者でも成功させるには?行動・思考講座

・自分に合ったノウハウを実践する

・最初はみんな真似からですよね、、

・作業につまずく人は大体ここが原因ですw

・ただ表面的な情報をなぞっても損するだけです。

・付加価値の凄まじさと自分より高いレベルの人と交わる意味

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人Killer


登録しておいて損はなし!
ブログでは書けないコア情報も公開していきます!


Killerメルマガ登録はこちら



■管理人
名前:Killer
初めまして、Killerです。

札幌でアフィリエイトを中心に、投資、アプリなど多岐に渡ってネットビジネスを実践し、同時にこれまでの経験と実績を活かしてネット副業全般の教育事業も運営させていただいております。

当ブログでは情報商材のレビューやノウハウ解説を中心に、具体的な稼ぎ方やテクニック、それを成し得るための本質の追求、同時に、客観的事実に基づく、販売者の批評や、商材の良し悪しについて徹底的に解説してあります。

このブログで時々“質の低い商材”について批判していると、「悪口」だと勘違いされている方もいらっしゃいますが、あくまでもその根拠や事実を列挙し、正しいノウハウと倫理観に基づいて、良いものは良い、悪いものは悪いと判断した
僕なりの「批評」であり、公益性を意識してますので、そちらはご理解ください。

で、今はネットビジネスで活動している僕ですが、つい数年前まではただの学生で、何も分からないままスタートしていましたw

インターネットでお金になるって全く想像もつかなかったし、とりあえず最初は、ネット上で色々情報を見つけてきたり、教材を買い漁ったりしましたね。

あまり良い情報を得ていなかったというのもありますが、いくら作業を進めても、全く結果の出ない日々が続きました。

というのも、当時の僕は、プラモデルを構築するかのごとく、これとあれをやれば稼げるでしょ、みたいな「思考停止」状態での働きしかしていませんでした。

ただ記事を書き、アクセスを集めさえすればいいとか、売れ筋の商品さえアップしとけば稼げるみたいなレベルで、小手先のこととか、目先の作業でしかネットビジネスを進められていなかったんですね。

諦めそうになったものの、途中で「方向性」や「考え方」が根本的に誤っていたことに気づき、すぐさま必要なモノ、情報、作業工程をピックアップし、軌道修正をしながらようやく報酬を掴み取ることに成功。

そこからアフィリエイトを中心に、様々なアフィリエイト、情報起業、転売、投資と多角化していき、大学生ながらにして、月収200万円という数字を突破できるように。

当然就職はせず、ネット起業家として一本でやっていこうと決断し、いまに至ります。

僕が当ブログでお伝えしていきたいことは、
ネットで稼ぐためには、稼げるまでのステップやロジックというものがあり、それにいち早く気づき、実践した人間だけが成功を手にできることです。

もちろん、何もしないことには何も始まりません。ですが、無意味なことをしたところで、稼ぐことはできない。

楽して稼げるみたいな「まやかし」に騙されず、正しい知識、正しい情報を持って、ネットビジネスに取り組んでください。

僕としても可能な限りサポートはさせていただきますし、気軽にご連絡いただければと思います。

簡単な自己紹介やエピソードは、こちらに綴っております。
プロフィール詳細を見る

趣味:youtube 囲碁 サッカー
所在地:北海道
ブログジャンル:ネットで勝ち組になるブログ

記事に関することや、商材の相談、ノウハウ的な質問などは、こちらよりお願いします^^

■連絡先

affiliate_killer2525@yahoo.co.jp

メルマガも並行して、有益なネットビジネスの情報発信をしていきます!↓

Killerメルマガ登録はこちら


人気ブログランキング参加中です!
皆様のクリック応援が更新の励みにもなります。↓



情報商材 ブログランキングへ



時々Twitterでも呟きます(・。・;

アフィリエイトに必要な考え方と知識


【祝!】出版社に取材されました!!

amazonせどり完全ガイドブック1月号にて
私Killerが紹介されました。
今後も正しい情報を配信してまいりますので
応援よろしくおねがいします。





このページの先頭へ