藤岡久仁章さんの「隠密キーワード発掘講座」のこれまでの声を聞いています・・

藤岡久仁章さんの「隠密キーワード発掘講座」のこれまでの声を聞いています・・陰密アフィリエイト

こんにちは、Killerです。



アフィリエイトにおいて、どういうテーマで運営し、

何を主体として商品販売していくかは重要になってきますが、

その中でもどのキーワードを用いて記事を書き、

どういった内容にしていけばいいか、明確にしていない商材も多いです。




実際いろんなアフィリエイトサイトを見ていると

どれも似たり寄ったりのものばかりで、

何を伝えたいブログなのか、何が分かるものなのか

その“方向性”が曖昧なものがほとんど。




曖昧な運営スタイルのままライバルが多い市場で戦っても

収益は微々たるものですし、テーマなり、キーワードなり、情報発信なりで

その“スキマ”を見つけることや、オリジナリティを見せるのが重要になってきます。




そこに関係して、藤岡久仁章さんの「陰密キーワード発掘講座」という

他のアフィリエイターが目を付けていない

ニッチな市場で稼ぐキャンペーンがあるのですが、

中身を調べていると、どうもそのサイト運営方法に疑問が感じるので

ここでシェアしておきます。




陰密キーワード講座



【キャンペーン名】陰密キーワード発掘講座

【主催】藤岡久仁章

【販売業者】有限会社デターミネーション

【URL】http://onmitsu-keyword.net/cp/lp1/



ライバル不在に隠されたひとつの罠とは?





藤岡久仁章さんは、10年以上も前からネットビジネスに参入し、

サイト系、メルマガ系の商材を中心に手掛けていた方なのですが、

その代表作としては、「NEO ノンバトルアフィリエイト」という商材があり、

これも今回と同じく、“ライバルがいない市場で戦う”をテーマに

アフィエイトノウハウが語られています。




陰密キーワード発掘講座に関しても、ほとんどNEOノンバトルアフィリエイトと

内容が被っていますし、

現在のネット事情に適した新しいノウハウというよりも

前作に馴染んだ昔からあるサイトアフィリエイトノウハウという印象です。




では、いったいどういったやり方でライバルを避け、

独自のスキマで戦っているのかというと、

1商品1ページの商品ごとのサイトを作り、

それを量産するやり方になります。




例えば健康系のテーマでアフィリエイトしようとしたら、

ただ「健康食品」というビックキーワードで攻めるよりも、

「しじみ習慣」「ルナベリー」「善玉菌のチカラ」といった商品キーワードで

“ニッチ”な部分をひたすら取り上げる方が

スケールが小さい分ライバルが少なくて済みます。




ニッチの間口を広げればアクセスも増えていきますが、

そもそもそれらのキーワードに需要が伴わなければ

稼ぐことは難しいです。





今回のような1商品1ページのサイト群にありがちなことなのですが、

せっかくその商品キーワードで上位表示されたとしても、

その商品に「購買意欲」というものがなければ商品成約は図れませんし、

需要のあるニッチキーワードであれば良いものの、

需要のないニッチキーワードがほとんどなので、

手間をかけて作ったサイトが無駄に終わることが多いです。





当たりサイトを掘り出すのも、相当数をこなさなきゃ厳しいですし、

その量産活動に心が折れる人もいるのではないでしょうか?



実際に前作の「NEO ノンバトルアフィリエイト」教材の掲示板が下記にあり、

その感想がありのままに語られているのですが、

サイトを100個以上作った割に数百円しか稼げなかったとか、

1000サイト以上は必要になってくるなど、

その“労力対効果”が合わない声が多いようです。



NEOノンバトルアフィリエイト実践者が語るスレ




意味のないペラサイトを量産したところで、

全て収益には直結するものではないし、

藤岡久仁章さんのサイトノウハウに疑問を感じざるを得ません。



陰密キーワード講座2ch



年々SEOというのは厳しくなっており、

検索者を意識したサイトや、デザインや文字などある程度は作り込まれたものではないと

上位表示は厳しいです。



もしペラサイトで勝負をするのであれば、

勢いよくPPC広告などを使って「数」によって収益化していくか、

確実に売れると分かっているキーワードや商品名で

的を絞っていくしかないですね。




ニッチなその分野を確実に当てるためには?





需要が多く、供給が少ないサイトジャンルを見つけ出すためには

今回のノウハウのような“砂漠の中から砂金を探すようなもの”ではなく、

莫大なデータを取って検証するしか方法はありません。



そのため、1商品ごとのページ作成を進めていくなら、

その前にPPC広告によってペラサイトを大量出稿し、

実際にそこで売れた商品や反応の良いキーワードを中心に

サイト作成を進めていけば良いのです。





何か特化型のテーマで時間を掛けて勝負するならともかく、

最初からニッチな市場をサイトアフィリしようと思ったら、

PPCでデータを取る→サイトアフィリエイトに繋げるのが

最も効率が良く、確実であると言えます。




PPCアフィリエイトを入口に取り組むことを推奨しているのも、

収益化が早い以外にも、

他のノウハウに応用しやすいからなんですね。




現在開催中の大黒塾のPPCアフィリエイトノウハウであれば、

一瞬にして収益化とデータ取りができますし、

サイトを運営する手間もないので、

今回のキャンペーンに取り組みより、大分現実的です。



NEOノンバトルアフィリエイト実践者が語るスレ





サイトで本格的に稼ぐなら、そうしたマーケティングリサーチを徹底するか、

ユーザーのニーズに即した有益なサイト構築をしていくしか道はありません。



今回の陰密キーワード発掘講座ような、「ライバル不在」という言葉を引っさげた

ありきたりなニッチアフィリエイトの手法しか語られないものが多いので

注意してくださいね。



それではこの辺で!


【おススメのネットビジネス】

リークPPC大黒塾7期を「特別に」Killer経由で参加ができます。

コピペで取り組める錬金術セミナー

「究極の増資法」C.I.Mとは?

スマホアプリを作って、毎月継続収入を得る

日経先物投資で大きな資産を形成する

アンテナサイトで記事投稿を自動化させて稼ぐ

斬新的なツールを使ってアダルトアフィリエイトで稼ぐ

ライバル不在のゲーム特化型トレンドアフィリエイト

ツイッターとサイトを連動させ、完全自動のアフィリエイトを実現する




(お知らせ)


当ブログとは別に、僕のメルマガ講座においても、

最新のネットビジネス事情の配信、ノウハウ紹介、個別に合わせた

メール指導を行っております。



ブログには書けない限られた人にのみ公開する情報(弟子募集の話、プレゼント企画等)

もたくさんありますので、

自分の現状とか思いを下記のフォームに入力して

登録ボタンを押してみてください。


*メールアドレス
*名前
使える作業時間、気になるノウハウ、自己紹介や質問など
*メルマガ登録を決意した記事URL(より良いサイト作成を目指しているため、ご協力願います)



このメルマガ講座では、ただ僕からの一方的な発信だけでなく、

それぞれ抱える悩みだったり、ネットビジネスでつまずいてる箇所など

フィードバックして、相互交流も図っていきたいと思います。



いわば、メール指導、メルマガ発信を通したあなた独自の「Killerスクール」

を目指しており、“本物の情報のみ”をお伝えしていきます。


ネットビジネスはホントに「知ってるか知らないか」の違いだけで、

本物のテクニックを教えてる人があまりにも少ないですね、、、



僕もあなたのことを色々と知りたいし、そのキャパを超えた無茶なことを

させる気はありませんので、下記の項目に沿って

答えていただければ助かります。


1、ネットビジネスの経験年数

2、ネットビジネスに取り組める毎日の平均時間

3、ネットビジネスで現在取り組んでいるジャンルや興味のあるジャンル(アフィリエイト、転売、FXなど)

4、より効率的なツールや教材などに使える教材費用

5、ご希望の月収



先ほどのメルマガの登録フォームの項目か、

下記のメールアドレスよりお気軽にご連絡ください。

ご連絡はこちら
info@kille-info.com







■コンテンツ一覧

・ネットビジネスで稼ぐための基本・ノウハウ

・ただアフィリ広告貼ったり紹介して稼げる時代は終わってるんですよw

・商品ジャンル選定をミスれば稼げなくなります。

・まずは媒体構築から始めること

・検索エンジンによる集客テクニック

・文章は改行とリサーチを徹底するだけで大分良くなります。

・ユーザーにリアクションを起こさせる、訴求性の高め方

・アフィリエイト、投資、転売のどれから手を付ければいいの?

・アクセスが多いからって稼げるとは限らない。やってみて分かること。

・情報商材アフィリって稼ぎやすい?でも胡散臭い?

・野心が高い人ほど情報商材アフィリを(・。・

・稼ぐことより稼ぎ続ける方が重要です。「仕組み化」できてますか?

・ネットビジネス業界の黒い事情


本気で学んで稼ぐなら↓

・お勧めの商材一覧

・Killerオリジナルアフィリエイト指導


次世代ネットビジネス「アプリビジネス」講座

・スマホアプリ市場の圧倒的可能性と稼ぎやすさ【オススメ】

・アプリ作成の様子と作業難易度について

・圧倒的な量をこなすことこそが、アプリビジネス成功の近道

・アプリビジネス商材「アプリ塾」実践者である主婦の事例とビジネスの“動かし方”について【NEW】


アダルトアフィリエイト講座

・アダルトアフィリエイトの特徴とは?【オススメ】


全くの初心者でも成功させるには?行動・思考講座

・自分に合ったノウハウを実践する

・最初はみんな真似からですよね、、

・作業につまずく人は大体ここが原因ですw

・ただ表面的な情報をなぞっても損するだけです。

・付加価値の凄まじさと自分より高いレベルの人と交わる意味

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人Killer


登録しておいて損はなし!
ブログでは書けないコア情報も公開していきます!


Killerメルマガ登録はこちら



■管理人
名前:Killer
初めまして、Killerです。

札幌でアフィリエイトを中心に、投資、アプリなど多岐に渡ってネットビジネスを実践し、同時にこれまでの経験と実績を活かしてネット副業全般の教育事業も運営させていただいております。

当ブログでは情報商材のレビューやノウハウ解説を中心に、具体的な稼ぎ方やテクニック、それを成し得るための本質の追求、同時に、客観的事実に基づく、販売者の批評や、商材の良し悪しについて徹底的に解説してあります。

このブログで時々“質の低い商材”について批判していると、「悪口」だと勘違いされている方もいらっしゃいますが、あくまでもその根拠や事実を列挙し、正しいノウハウと倫理観に基づいて、良いものは良い、悪いものは悪いと判断した
僕なりの「批評」であり、公益性を意識してますので、そちらはご理解ください。

で、今はネットビジネスで活動している僕ですが、つい数年前まではただの学生で、何も分からないままスタートしていましたw

インターネットでお金になるって全く想像もつかなかったし、とりあえず最初は、ネット上で色々情報を見つけてきたり、教材を買い漁ったりしましたね。

あまり良い情報を得ていなかったというのもありますが、いくら作業を進めても、全く結果の出ない日々が続きました。

というのも、当時の僕は、プラモデルを構築するかのごとく、これとあれをやれば稼げるでしょ、みたいな「思考停止」状態での働きしかしていませんでした。

ただ記事を書き、アクセスを集めさえすればいいとか、売れ筋の商品さえアップしとけば稼げるみたいなレベルで、小手先のこととか、目先の作業でしかネットビジネスを進められていなかったんですね。

諦めそうになったものの、途中で「方向性」や「考え方」が根本的に誤っていたことに気づき、すぐさま必要なモノ、情報、作業工程をピックアップし、軌道修正をしながらようやく報酬を掴み取ることに成功。

そこからアフィリエイトを中心に、様々なアフィリエイト、情報起業、転売、投資と多角化していき、大学生ながらにして、月収200万円という数字を突破できるように。

当然就職はせず、ネット起業家として一本でやっていこうと決断し、いまに至ります。

僕が当ブログでお伝えしていきたいことは、
ネットで稼ぐためには、稼げるまでのステップやロジックというものがあり、それにいち早く気づき、実践した人間だけが成功を手にできることです。

もちろん、何もしないことには何も始まりません。ですが、無意味なことをしたところで、稼ぐことはできない。

楽して稼げるみたいな「まやかし」に騙されず、正しい知識、正しい情報を持って、ネットビジネスに取り組んでください。

僕としても可能な限りサポートはさせていただきますし、気軽にご連絡いただければと思います。

簡単な自己紹介やエピソードは、こちらに綴っております。
プロフィール詳細を見る

趣味:youtube 囲碁 サッカー
所在地:北海道
ブログジャンル:ネットで勝ち組になるブログ

記事に関することや、商材の相談、ノウハウ的な質問などは、こちらよりお願いします^^

■連絡先

info@kille-info.com

メルマガも並行して、有益なネットビジネスの情報発信をしていきます!↓

Killerメルマガ登録はこちら


人気ブログランキング参加中です!
皆様のクリック応援が更新の励みにもなります。↓



情報商材 ブログランキングへ



時々Twitterでも呟きます(・。・;

アフィリエイトに必要な考え方と知識


【祝!】出版社に取材されました!!

amazonせどり完全ガイドブック1月号にて
私Killerが紹介されました。
今後も正しい情報を配信してまいりますので
応援よろしくおねがいします。





このページの先頭へ