クローバーコインに関するあらゆる「不審点」について「購入側」の立場から語ってみた。48ホールディングス 中田義弘

クローバーコインに関するあらゆる「不審点」について「購入側」の立場から語ってみた。48ホールディングス 中田義弘


【2017.5.10】クローバーコインに関する最新情報を更新!

クローバーコインが「リップルとは一切関係がない」衝撃的な事実が発覚しました。






こんにちは、Killerです。



ビットコインが各店舗に導入されたり、

三菱UFJ銀行がMUFGコインという独自の仮想通貨を開発したりと、

日々フィンテック(FinTech)という言葉が馴染むようになりましたね。



僕の周りでも、仮想通貨を持ちかけた投機案件を販売してくる人が

増えてくるようになり、そのほとんどが「それ、大丈夫なの?」と

突っ込みを入れたくなるものばかりです。




その中で、札幌市内で特に流行っているのが

48ホールディングスのクローバーコインという仮想通貨です。




実際に僕自身も、友人から付き合いで何口か購入しましたが、

いつまで経ってもレートが出ない、換金できない(流動性が低い)など

通貨価値そのものに疑問が残るものばかりで、

その体験も踏まえながらお話していこうと思います。




クローバーコイン


【通貨名】クローバーコイン

【販売会社】48ホールディングス株式会社

【代表】淡路明人 中田義弘

【所在地】〒060-0001 北海道札幌市中央区北1条西3丁目3-11 桂和北1条ビル9F

本社ホームページはこちら



クローバーコインの構造について




クローバーコインの評価について入る前に、

まずはクローバーコインとは何か、その概要を説明しなければなりません。




これは「48(よつば)ホールディングス」という会社が

2015年の秋ごろより発行している仮想通貨のことで、

その通貨を1口3万円の値段から販売しています。



またクローバーコインを買った会員は、

それを他の人に紹介することで報酬を受け取れる代理店権も付けられており、

下記の図のようにMLM(マルチレベルマーケティング)に近い図式を取っています。



クローバーコインMLM


そして特徴的なのが、「リップル」という仮想通貨を

クローバーコインの中に価値として保全してあり、

購入金額の20%がリップルに企てられるみたいです。




要するに、クローバーコインそのものの価値と、

リップルの価値2つが備わっていて

リップルの価値が上がれば、クローバーコインの価値も上昇します。




クローバーコイン関係者は口を揃えて

「クローバーコインの中に保険として20%のリップルが付けられている」

と表現しており、この“リップル”という通貨も重要な鍵を握ります。




クローバーコイン1口¥30000の内訳としては、

2割がリップルの仕入れ原資、6割がコミッション支払い、2割が会社運営費であり、

原資の価値そのものは全体の20%しかなく、大きく目減りしています。




クローバーコイン内訳



このモデルを前提にこれからお話していきます。



リップル保全に関する不審点





このクローバーコインの構造を聞いて、

少し用心深い人であれば、誰もが


・そもそもなぜリップルを80%も差し引かれてまでクローバーコインに経由する必要があるのか?


という疑問が尽きないと思います。



リップルを直接購入できる取引所はいくつか存在していて、

代表的なところとしては


・CoinCheck

・Mr. Ripple

・東京JPY発行所



これら3つが挙げられます。



取引手数料もかなり良心的で

手軽に登録、購入ができます。




クローバーコイン運営局側の言い文句としては

リップル社と直接繋がっているため、確実にリップルを仕入れることができる

その「信頼性」と「安全性」を主張しており、

他の取引所では安全に仕入れられないし、

換金手数料もかなり取られるとのこと・・




リップルを他の取引所でも安く安全に売買できるのを知っていれば、

運営局のその言い分は意味不明ですし、


現に48ホールディングスが、リップルを

“どれくらいの量でどのタイミングで仕入れているのか”

その履歴や証拠が全くありません。





ちなみに僕の知り合い何人かが運営局に

リップルを保全している証拠について問い合わせたのですが、

全て曖昧な回答をされたみたいです。




これだとリップルが大きく値上がりしたとしても

自分たちが買ったリップルが、いったい1リップル何円のレートの時なのか分からなければ

実際の差益がどれくらいなのか把握できません。



リップルは1秒ごとに刻々とチャートが変化しますが、

実際に購入したレートについて運営局に聞いてみると、

保有しているクローバーコインの枚数=リップルの数のようで、

保有枚数は下記の会員サイトから見れます。



クローバーコイン会員サイト1


これを見ると、実際に僕が購入した金額は30万円で、

そのうちの20%である60000円がクローバーコインの原資及び

リップルコインの購入金額にあたります。



そして獲得しているクローバーコインの枚数が60000枚のようで、

同時に60000枚がリップルの購入枚数ということになります。



これを計算すれば、1リップル=1円という相場になり、

かなり適当なレートに片づけられていますね。





クローバーコインリップルチャート


上記のリップルの1年間チャートを見る感じですと、

1リップルは0.7円前後を推移していますし、

それを1リップル1円と不利な条件で突き付けられるのは

どうも面白くないです。




80%が手数料として引かれることを考えると、

1リップルが5円に上昇しなければ元は取れない計算ですし、

そもそもリップルはここ1年で上がっているどころか下がっていますからね、、、




あくまでリップルは通貨と通貨の橋渡しをする「ブリッジ通貨」であり、

リップルが多くの銀行で使われ流通されたからといって

値上がりするわけではありません。



リップルは仮想通貨としての役割よりも

フィンテックテクノロジーの機能そのものであり、

あらゆる通貨の送金手数料が圧倒的に安く済みます。




リップル社やそのシステム自体の評価は高まってきますが、

ここでリップルの値が上がると、銀行側の実質の送金手数料が上がってしまい、

本来のリップルの役割が果たせなくなります。



なので一般ユーザーのXRPの取引は制限していく方向で流れていますし、

価値が高騰しないよう何かしらの制限がかけられていくでしょう。



値段が乱高下する状況になれば邪魔ですからね。




ちなみに仕掛け人である「中田義弘」氏は過去にビットコインで大きな富を築き、

その資金でリップルを購入しましたが、思いの他リップルが値上がりしないために

その売り口としてクローバーコインを始めたという噂もあります・・・


真実は果たして?



新クローバーコインについて




そして2016年度末から「新クローバーコイン」というものが

48ホールディングスから発表され、これは保全しているリップルの価値ではなく、

クローバーコインそのものの価値を指します。




スマホアプリやクレジットカードにクローバーコインがチャージされ、

これで決済ができたり現金化ができるようになるみたいです。




同時にアプリとカード(Masterのみ)市場に「流通」が狙えるようになるので、

その新クローバーコインの価値が上がるようですが、

正直その需給を起こさせる“構想”が不明です。




仮想通貨による決済が可能なクレジットカードが、今のところ

流通を起こさせるキーになっており、

カードを「入口」にしてクローバーコインの需要を高めるみたいです。



ただ仮想通貨を織り込んだカード決済は既に他の会社でも行っていることで

代表的なものとしては、ビットコインをチャージして使える

「Wirex(E-Coin)デビットカード」があります。


他にもビットコインのデビットカードとして、


・BitPlastic

・Shift

・Xapo

・CryptoPay

・BitPay



があり、仮想通貨のカード市場で猛烈な覇権争いが繰り広げられています。



その中でまだ仮想通貨として出てきたばかりの信頼性の低いクローバーコインが

ビットコインという取引量世界1位の通貨に

カード市場で戦っていけるとは到底思えません。




アプリに関しても仮想通貨のウォレット付きのものが多く登場していますし、

今さら感が拭えないですね。




そして今後は中国、台湾、シンガポール、韓国、フィリピン、ベトナムと

海外展開を見据えているとのことですが、

いったい海外のどの市場で、どれくらいの規模で、どう流通させていくのか

それも不透明です。



ただ海外展開するから価値が上がっていくと、安直に考える人が多く、

なぜ海外展開により価値が上がるのか的確に答えられる人は

ほぼいないと思います。




法改正の対応について




それと気になるのは今年の5月に施行される仮想通貨の新法案です。



平成28年12月28日に公表された仮想通貨交換事業者の登録規制にかかる内閣府令、

事務ガイドラインのポイントについて公式の発表を下記に載せておきます。

「銀行法施行令等の一部を改正する政令等(案)」の公表について



簡単にまとめると、仮想通貨を販売している事業者は、

利用者保護やマネーロンダリング対応などの観点から

登録事業者にしようとするものです。




登録を受けられない仮想通貨事業者は、

国内での販売、取引、換金が難しくなり、法で罰せられてしまいます。



そして今回のクローバーコインのようなマイナー業者は

登録要件をクリアするにはハードルが高く、

日本での事業撤退を余儀なくされます。





そして投資している側としては、

投資した仮想通貨が容易に換金できないという問題に直面することになるでしょう。


詳しい詳細については、こちらのサイトが分かりやすいと思いますので、

一度ご確認いただければと思います。

仮想通貨交換業者の登録規制にかかる内閣府令の公表について




そうしたこともあっては、

最近48ホールディングスのホームページを確認すると、






仮想通貨の販売自体を否定しています。



今回の法整備に備えて、着々と撤退する準備をしているといったところですね。



6月という、仮想通貨の法施行がされたばかりのタイミングで

海外展開をしようとするのも、

国内での資金集めが難しくなるから、、といった可能性も考えられます。




いくら素晴らしい構想を持って仮想通貨事業を進めたとしても

公の規制には太刀打ちはできませんし、

そろそろ焦っている仮想通貨事業者も多いでしょうね。



何に投資をして、どうその投資をコントロールするか。



“宝くじ”を買う感覚で1口出すのではなく、

正しい根拠に基づいて、もう一度投資のスタンスを見直してみてはいかがでしょうか?




クローバーコイン、および仮想通貨に関係して

何か情報をお持ちの方は気軽に連絡、コメントをいただければと思います。


では、今日はこの辺で!


【2017.5.10】クローバーコインに関する最新情報を更新!

クローバーコインが「リップルとは一切関係がない」衝撃的な事実が発覚しました。





【おススメのネットビジネス】

リークPPC大黒塾7期を「特別に」Killer経由で参加ができます。

スマホアプリを作って、毎月継続収入を得る

日経先物投資で大きな資産を形成する

アンテナサイトで記事投稿を自動化させて稼ぐ

斬新的なツールを使ってアダルトアフィリエイトで稼ぐ

ライバル不在のゲーム特化型トレンドアフィリエイト

ツイッターとサイトを連動させ、完全自動のアフィリエイトを実現する



では、今日はこの辺で!


(お知らせ)


当ブログとは別に、僕のメルマガ講座においても、

最新のネットビジネス事情の配信、ノウハウ紹介、個別に合わせた

メール指導を行っております。



ブログには書けない限られた人にのみ公開する情報(弟子募集の話、プレゼント企画等)

もたくさんありますので、

自分の現状とか思いを下記のフォームに入力して

登録ボタンを押してみてください。


*メールアドレス
*名前
使える作業時間、気になるノウハウ、自己紹介や質問など
*メルマガ登録を決意した記事URL(より良いサイト作成を目指しているため、ご協力願います)



このメルマガ講座では、ただ僕からの一方的な発信だけでなく、

それぞれ抱える悩みだったり、ネットビジネスでつまずいてる箇所など

フィードバックして、相互交流も図っていきたいと思います。



いわば、メール指導、メルマガ発信を通したあなた独自の「Killerスクール」

を目指しており、“本物の情報のみ”をお伝えしていきます。


ネットビジネスはホントに「知ってるか知らないか」の違いだけで、

本物のテクニックを教えてる人があまりにも少ないですね、、、



僕もあなたのことを色々と知りたいし、そのキャパを超えた無茶なことを

させる気はありませんので、下記の項目に沿って

答えていただければ助かります。


1、ネットビジネスの経験年数

2、ネットビジネスに取り組める毎日の平均時間

3、ネットビジネスで現在取り組んでいるジャンルや興味のあるジャンル(アフィリエイト、転売、FXなど)

4、より効率的なツールや教材などに使える教材費用

5、ご希望の月収



先ほどのメルマガの登録フォームの項目か、

下記のメールアドレスよりお気軽にご連絡ください。

連絡はこちらをクリック







■コンテンツ一覧

・ネットビジネスで稼ぐための基本・ノウハウ

・ただアフィリ広告貼ったり紹介して稼げる時代は終わってるんですよw

・商品ジャンル選定をミスれば稼げなくなります。

・まずは媒体構築から始めること

・検索エンジンによる集客テクニック

・文章は改行とリサーチを徹底するだけで大分良くなります。

・ユーザーにリアクションを起こさせる、訴求性の高め方

・アフィリエイト、投資、転売のどれから手を付ければいいの?

・アクセスが多いからって稼げるとは限らない。やってみて分かること。

・情報商材アフィリって稼ぎやすい?でも胡散臭い?

・野心が高い人ほど情報商材アフィリを(・。・

・稼ぐことより稼ぎ続ける方が重要です。「仕組み化」できてますか?

・ネットビジネス業界の黒い事情


本気で学んで稼ぐなら↓

・お勧めの商材一覧

・Killerオリジナルアフィリエイト指導


次世代ネットビジネス「アプリビジネス」講座

・スマホアプリ市場の圧倒的可能性と稼ぎやすさ【オススメ】

・アプリ作成の様子と作業難易度について

・圧倒的な量をこなすことこそが、アプリビジネス成功の近道

・アプリビジネス商材「アプリ塾」実践者である主婦の事例とビジネスの“動かし方”について【NEW】


アダルトアフィリエイト講座

・アダルトアフィリエイトの特徴とは?【オススメ】


全くの初心者でも成功させるには?行動・思考講座

・自分に合ったノウハウを実践する

・最初はみんな真似からですよね、、

・作業につまずく人は大体ここが原因ですw

・ただ表面的な情報をなぞっても損するだけです。

・付加価値の凄まじさと自分より高いレベルの人と交わる意味

18 Responses to “クローバーコインに関するあらゆる「不審点」について「購入側」の立場から語ってみた。48ホールディングス 中田義弘”

  1. kyu-taro より:

    コメント失礼します。。

    私よつば何口か購入したのですが、改正資金決済法とかの関係でアプリ内のコインはポイント(ウォレット)扱いとして保管されるから法律上問題はない

    中田さんは全て想定したうえで段取りしていると言われました。

    確かに法律関係ん原文読むと大丈夫な気がするのですが、アプリからカード、カードからATMで現金化出来る蛇口があるから投資としてはしてもいいかなと思ってたのですがビジネスとしなるとリップルで保全無くなるため微妙な認識なのですがどうお考えをお持ちでしょうか?

    突然のコメント失礼いたしました。

    • Killer より:

      改正資金決済法に関しては、現在は猶予中なので効力が発揮するのは今年の10月ごろで、
      それまではセミナーを開催したり、販売をしてもOKといったところでしょう。
      逆に10月を過ぎると現在の活動は全てアウトで、アプリで保管しようがどうしようが
      活動は自粛されていくと思います。

      ちなみに色々調べてみた結果リップルは最初から保全されていませんし、
      いつまで経ってもリップルにエクスチェンジするのも無理みたいです。

      どうぞよろしくお願いします。

      • Naru より:

        ご質問です。
        因みに何度セミナーやらにご参加されておりますか?
        聞いたところによると今の段階ではアプリも会員で希望者意外は使用不可ですし、まだ正式にLaunchされてないですよね?そして、来週くらいからCCがXRPになりNew CC若しくはXRPに選択できると伺ってますが?
        後、そんなに気に入らないなら記載されているクリーンオフされては如何でしょうか?それは試されてもダメだったと言う事ですかね?

  2. Tsu- より:

    コメント失礼します。

    私もクローバーコインを3口程購入したのですが、リップルと関係ないというのは詐欺で訴えられたりはしないのでしょうか?

    無知なので質問が的を得ていなかったら申し訳ありません。

    ご返答お待ちしております。

    • Killer より:

      そのうち警察や司法機関等が動くと思いますよ。
      仮想通貨に関する本格的な法改正が10月からなので、そのうち世で騒がれることと思います。

  3. makoto より:

    僕も30万円買いました。
    リップル本社に「クローバーコインというものと連動しているのか」とメールで聞いたら、
    はっきりと、「うちは、どこともそんな取引はしていない」と言われました。
    そのあと、「調査したいので、詳しい情報を教えてほしい」と言われましたので、私の知っているすべての情報を渡しました。

    このクローバーコインも、以前あった円天詐欺のような事件になると思います。

  4. ポン より:

    リップルが21倍になりましたね
    もし本当にリップルを保全しているとすれば大変な大成功になりますが

  5. 仮想通貨 より:

    ノアの方がまだましだぞ

  6. FAR より:

    コメントをさせていただきます。

    「弊社が特定の銀行と取り引きをして特定のデジタル仮想通貨を〜」
    の所でいろいろ言われていることがありますが、これよくみたら「特定の銀行と取り引きをして」ってなってますよね?

    皆さん結構勘違いされるケースが多いのですが、「仮想通貨を売らない」という意味ではなく、「特定の銀行と提携して仮想通貨を売っているわけではない」って事だと思うんですけど。

    それから、48ホールディングスは2015年の12月から始まっている事業でもうボチボチ2年が経過しようとしてます。
    もし司法機関が動くとか、警察が捜査するとか仰るのであれば、この1年半の間警察は何をしていたのですかね?
    これだけ話題になってる詐欺会社をこんなに長い期間野放しにしてるんですか?
    まぁ僕は全く詐欺だとは思ってないですし、この会社や仕掛けてる人達のことを本気で応援したいなって素直に思えますけど。
    もちろんクローバーコインも数万枚保有してますよ。

    • Killer より:

      ホームページの文言に関しては、資金決済法の対策として謳ってるだけだと思います。

      それと警察とかって事件性がない限り動きませんよ。
      現状会社側は返金に対応しているし、詐欺だと立証できるものがないんで、
      しばらくは野放し状態です。

    • Killer より:

      それにクローバーコインは仮想通貨だと言ってる方多いですけど、
      仮想通貨であれば、ブロックチェーンの技術はクローバーコインに導入されているのですか?

  7. キラーラブ より:

    キラーさんが次に来ると思う仮想通貨はなんですか?
    おすすめあったら教えて下さい!
    脱クローバーで買わせて下さい(^-^)/

    • Killer より:

      ICO系だとCOMSAですね!
      他だと、BTC、イーサ、ネム、XRPあたりが無難です。
      COMSAに関しては今月の記事で語っていますので、参考にしてみてください。

      • 鈴木 より:

        アメリカでデフォルトがもうじきおこる様ですが。日本ではリップルコインとかクロバ-どの様な影響を受けるのでしょうかぁ❗

  8. ぽんこつ達 より:

    どちらにせよ、こういう たられば系は実現せず、
    いくらでも違法行為が立証できるので、そのうち業務停止のあと消え行くでしょうね。

    当初の概要書面なども無視して書き変えたりしますから 笑笑


    早く潰れて、洗脳信者達の目がさめるのを祈るばかりです m(_ _)m

  9. 鈴木 より:

    三菱銀行とかグーグルも入っているとか言われますがそれがどの様なメリットがあるのでしょうかぁ

  10. リコ より:

    苦情対策で、クローバーコインはRippleと関連付けなくなったので、今は問題ないんじゃないかと。

    でも、この会社は絶対逃げれないですよ。
    世界進出までして規模が拡大してますから。
    ここまで来てたら後にも引けないです。
    顔出し名前だし経済界の雑誌出し、毎月全国各場所をセミナー開催、世界進出までして上場しない詐欺ってどんな詐欺だろうと思います。
    いくらマルチ系でも本当の詐欺だったら世界進出するほども大っぴらにやらないでしょう。
    だって、仮想通貨を買うだけで楽に多額のお金を儲けてた人が、全世界駆け回って何時間もセミナーして、って体力消耗することを2年もやれないですよ!面倒くさすぎでしょ!?詐欺って言われ続けるだけなのに。。。

    「そんなにもうかってるんだったら自分たちだけで稼いどけば?」です。でもこの人一生かかっても使いきれないぐらいお金持ってるし、詐欺しないといけない理由も見つからないです。

    詐欺が結果が出る前からテストマーケティングで、会員同士つなげるようなビジネスモデルなんて考えないと思います。

    本当の詐欺って電話セールスやプロダクトローンチが基本で、会員同士つなげないでこっそりやりますよ。

    ゆうちょ銀行というシビアな金融機関で銀行口座が凍結されてもいつも解除されてるのも、その証明では?

    でも、価値が上がるところはちゃんと説明があります。
    48のアプリ内のSNSに広告を掲載して、クローバーコインを使ってもらう意図があるからです。もう大手企業の出店も決まってるらしい。

    クローズドが終了したら、アプリのテストマーケティングが始まって、会員に対してアプリを日常的に使ってもらうようにすると思います。
    とはいっても最初からクローバーコインを使う人はほぼいない(上場前だと損するので)まずは日常的に会話してもらい、クローバーコインに換金できるようにするためのポイントをためてもらうのが目的と思われます(推測)
    LINEみたいに1発言するだけで、0.01PTもらえるので、1PTたまったらクローバーコイン1円分になるようです。

    使う習慣の多い人が増えれば増えるほど、価値があるということは、SUICA登場時、「SUICAを初日に買う人は誰もいなかった。
    駅員さんがSUICAを使って出たり入ったりしてる風景を周りが見て買うようになってきた」と話してます。
    そこに着目して、使う習慣を日本・世界とも上場までにつけてもらう意図があると考えます。
    価値を上げるための戦略は、会員に公開してもらえてるという意味では透明度は高いのではないでしょうか?

    いきなり6章まで全部公開すると、ライバル企業に奥の手を知れ渡られてしまう危険も伴ってますから、色々計算したうえで48は行動してるとみてます。

    上場できなくて48の上層部が逮捕される事態になったら、豊田商事以上の最大の詐欺ですね。

    兆単位の資産を持ってる人が、下っ端の経営者からボロクソに言われるような大恥かくほどの醜態ぶりをさらすぐらいなら、最初からこんな世界規模の盛大なことしないでしょ?

    1.会員数が数十万人という世界進出しているのを後に引いて結局上場せず、銀行口座を全く凍結させずに数千億単位のお金を別の場所に移して、かつ48の上層部が誰も捕まらないようにすること

    2.現在描いているビジネスモデル通り実行して、クローバーコインを上場させること

    「1」「2」どちらが簡単か?を考えたら、絶対に後者だと思います。

    それでも中田義弘氏が絶対に捕まりそうだと思うのなら、やらなくていいんじゃないの!?と。
    捕まりそうと思う場合は、捕まりそうと思う根拠を詳しく書いてみては?

  11. リコ より:

    すみません。先ほど正確な情報を調べたうえで書いてしまいましたが、48の規約として特商法違反になるので、先ほどのコメントは公開しないようにしていただけますでしょうか。詐欺詐欺言われてるうちのほうが、チャンスもある話なのと、感情的になってしまって、大変失礼いたしました。

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人Killer


登録しておいて損はなし!
ブログでは書けないコア情報も公開していきます!


Killerメルマガ登録はこちら



■管理人
名前:Killer
初めまして、Killerです。

札幌でアフィリエイトを中心に、投資、アプリなど多岐に渡ってネットビジネスを実践し、同時にこれまでの経験と実績を活かしてネット副業全般の教育事業も運営させていただいております。

当ブログでは情報商材のレビューやノウハウ解説を中心に、具体的な稼ぎ方やテクニック、それを成し得るための本質の追求、同時に、客観的事実に基づく、販売者の批評や、商材の良し悪しについて徹底的に解説してあります。

このブログで時々“質の低い商材”について批判していると、「悪口」だと勘違いされている方もいらっしゃいますが、あくまでもその根拠や事実を列挙し、正しいノウハウと倫理観に基づいて、良いものは良い、悪いものは悪いと判断した
僕なりの「批評」であり、公益性を意識してますので、そちらはご理解ください。

で、今はネットビジネスで活動している僕ですが、つい数年前まではただの学生で、何も分からないままスタートしていましたw

インターネットでお金になるって全く想像もつかなかったし、とりあえず最初は、ネット上で色々情報を見つけてきたり、教材を買い漁ったりしましたね。

あまり良い情報を得ていなかったというのもありますが、いくら作業を進めても、全く結果の出ない日々が続きました。

というのも、当時の僕は、プラモデルを構築するかのごとく、これとあれをやれば稼げるでしょ、みたいな「思考停止」状態での働きしかしていませんでした。

ただ記事を書き、アクセスを集めさえすればいいとか、売れ筋の商品さえアップしとけば稼げるみたいなレベルで、小手先のこととか、目先の作業でしかネットビジネスを進められていなかったんですね。

諦めそうになったものの、途中で「方向性」や「考え方」が根本的に誤っていたことに気づき、すぐさま必要なモノ、情報、作業工程をピックアップし、軌道修正をしながらようやく報酬を掴み取ることに成功。

そこからアフィリエイトを中心に、様々なアフィリエイト、情報起業、転売、投資と多角化していき、大学生ながらにして、月収200万円という数字を突破できるように。

当然就職はせず、ネット起業家として一本でやっていこうと決断し、いまに至ります。

僕が当ブログでお伝えしていきたいことは、
ネットで稼ぐためには、稼げるまでのステップやロジックというものがあり、それにいち早く気づき、実践した人間だけが成功を手にできることです。

もちろん、何もしないことには何も始まりません。ですが、無意味なことをしたところで、稼ぐことはできない。

楽して稼げるみたいな「まやかし」に騙されず、正しい知識、正しい情報を持って、ネットビジネスに取り組んでください。

僕としても可能な限りサポートはさせていただきますし、気軽にご連絡いただければと思います。

簡単な自己紹介やエピソードは、こちらに綴っております。
プロフィール詳細を見る

趣味:youtube 囲碁 サッカー
所在地:北海道
ブログジャンル:ネットで勝ち組になるブログ

記事に関することや、商材の相談、ノウハウ的な質問などは、こちらよりお願いします^^

■連絡先

info@kille-info.com

メルマガも並行して、有益なネットビジネスの情報発信をしていきます!↓

Killerメルマガ登録はこちら


人気ブログランキング参加中です!
皆様のクリック応援が更新の励みにもなります。↓



情報商材 ブログランキングへ



時々Twitterでも呟きます(・。・;

アフィリエイトに必要な考え方と知識


【祝!】出版社に取材されました!!

amazonせどり完全ガイドブック1月号にて
私Killerが紹介されました。
今後も正しい情報を配信してまいりますので
応援よろしくおねがいします。





このページの先頭へ